カネタの牛タン弁当

カネタの牛タン直売所で買える牛タン弁当についてお伝えします。

結論から言うと、肉質が非常に柔らかく美味しい牛タンです。
1,080円の値段に見合ったお弁当と言えます。

当記事では、画像を使ったレビューと、人気の高い「陣中の満腹牛タン弁当」と比較して良い点・悪い点を明らかにします。

カネタの牛タン弁当が気になっている人は、ぜひ参考にしてみてください。

カネタの牛タン直売所の基本情報

カネタの牛タン直売所の店舗外観

営業時間 11:00~20:00
電話番号 022-352-6681
定休日 年中無休
所在地 宮城県仙台市若林区卸町3-8-1
駐車場 10台以上
小上がり なし
アクセスマップ https://goo.gl/maps/7c3FVLfJH2nJKw5f8
公式サイト https://www.kaneta-group.co.jp/

牛タン弁当のレビュー

お弁当メニュー一覧

  • 牛たん定食 [10mm・2枚6切]・・・1,000円(税別)
  • 牛たん定食 [10mm・3枚9切]・・・1,300円(税別)
  • 牛たんステーキ定食 [12mm・3枚9切]・・・1,600円(税別)
  • 牛たんハンバーグ弁当・・・850円(税別)
  • 牛たんカレー弁当・・・650円(税別)
  • 牛たんシチュー弁当・・・650円(税別)
  • お子さまカレー(イートイン限定・持ち帰り不可)・・・500円(税別)
  • お子さまランチ(イートイン限定・持ち帰り不可)・・・500円(税別)

※持ち帰りの場合は税率8%、イートインの場合は税率10%

カネタの牛たん定食が美味しい3つの理由

カネタの牛たん定食は、牛タンが非常にジューシーで食べごたえが抜群です。
その理由は3つあります。

1.肉質の良さ

理由の1つは、牛タンの中でも霜降りで柔らかい「タン元」と呼ばれる部位のみを使用しているからです。

タン元は一頭の牛から200g弱程度しか取れない希少部位です。
牛タンは舌の先に近い部位ほど固くなります。

「タン先」や「タン中」と違い、「タン元」は舌の付け根であまり動かさない部位なため、サシが入って柔らかいのが特徴です。

2.極厚の10mmカット

もう1つの理由は、10mmという厚さにあります。

一般的な仙台牛たんのお店では、厚さは7mm以下のところが多いです。

しかしカネタの牛たん定食では、3mmも極厚の10mmにカットした牛タンを使っています。
厚さを増やすと固くなりがちですが、柔らかな高級部位のみを使用することで、厚くてもジューシーで食べごたえ抜群な牛タンに仕上がっています。

3.アメリカ産牛のみを使用

3つ目の理由として、カネタの牛タン弁当では、アメリカ産の牛肉のみが使われていることが挙げられます。

もともと取れる量の少ない牛タンは、国産牛が出回ることはほとんどありません
(1頭の牛から2kg弱しか取れない)

国産牛についで味が良いとされるのが、牛たん焼きに最適な穀物飼育を行うアメリカ産の牛タンです。
他店ではアメリカ産だけでなく、オーストラリア・ニュージーランド・カナダ・オランダ産を混ぜている場合があります。

アメリカ産の牛タンのみを使うことで、安定した柔らかさとサシのバランスを確保していることも、カネタの牛たん弁当が美味しい理由です。

陣中の満腹牛タン弁当との比較

ジューシーさ重視ならカネタの牛タン弁当に軍配

カネタの牛たん定食

カネタの牛タン弁当(牛たん定食)は、とにかくジューシーなのが特徴です。
値段も1,000円(税別)と、仙台牛たんのお弁当としては標準的な価格設定です。

ただ、ボリューム的には不満に感じる人もいるかもしれません。

厚切りとはいえ、「牛たん定食(2枚入り)」では、牛タン自体は4切れだけです。
もっとお肉を食べたいという人は、「牛たん定食(3枚入り)」か「牛たんステーキ定食(厚さ12mmが3枚入り)」が良いでしょう。
牛タン1枚あたりの値段は、10mmが300円(12mmは400円)で、枚数を増やしても割引は無いようです。

ボリュームよりも牛タンの美味しさを重視したい人には、カネタの牛タン弁当がおすすめです。

↓カネタのジューシーさを確かめたい人はコチラ

コスパ重視なら陣中の満腹牛タン弁当もオススメ

陣中の満腹牛タン弁当

仙台近郊で牛タン弁当といえば、評判なのが「陣中(じんちゅう)」です。
とにかく圧倒的なコスパが人気の理由です。

とくに「満腹牛タン弁当」は、1,000円(税込)で約200gのお肉が楽しめるのが魅力です。
しかも、テールスープまで付いてきます。

ただその分、肉質は若干物足りなさを感じるかもしれません。

その理由は、陣中の満腹牛タン弁当には、2種類の部位が使われているためです。
「麹つけ込み牛タン」と「牛タン切落とし」です。
部位的には「タン元」と、タン元に比べて固い「タン中」になるかと思います。

また、牛肉の産地に関しても、「カナダ、オランダ、その他」というように、仙台風の牛タン焼き(霜降りが好まれる)によく合うアメリカ産ではないようです。

そのためか、陣中の満腹牛タン弁当を食べると、若干スジっぽさを感じる時があります。
しかしながら、歯が悪くなければ全く気にならないレベルではあります。

とにかく牛タン焼きをたっぷり食べたい人には、陣中の満腹牛タン弁当がおすすめです。

↓おうちで食べ比べも楽しいです!